« 2009年2月27日 | トップページ | 2009年6月26日 »

6/14 須崎

月日   6/14
曜日   日曜日 
ポイント 九十浜・砂地/九十浜・1の根~3の根/
天気   cloudsun
気温   23℃~25℃
水温   19.7℃(最深低16.7℃)~20.0℃
風向   ポイント南西 弱
透視   →10m~15m (湾内5m~7m)
透明    ↓6m~10m (水底~水面まで)
うねり   無し()
波    無し()
流れ   少し()
潮    無し()

潮    中潮 http://www.twin.ne.jp/~sakamaki/

撮影・・FUJIFILM・・FINEPIX-F50fd・・12.0MEGA
    INON・ワイドコンバージョンUWL-105AD
台風情報 
http://www.jma.go.jp/jp/typh 
清掃に引き続き翌日も須崎でダイブ目

めったに気にもしない魚・・・ウツボですがうお座中には社交的なものもいます。

写真のウツボは付き合いが良かったデスネーうお座

手ではさすがに怖いですが、指示棒で背中や喉のあたりをさすってやると気持ちよさそうにします。

気のせいかもしれませんが、その場にしばらく対面状態で、1分程度ですが。

その後はゆっくり移動して行きました。

定番の須崎のタツノオトシゴも居ますよチョキ

以前ガイドロープを張り替えたのですが、古いロープを一部そのままにしてあります、

そこにはタツノオトシゴがしっかり居座ってます。ここではあまり労せずタツを見つけることが出来ますし

そろそろ小さな子供も見られる時期になります。この子は大きさせいぜい2cmかな。

こちらも珍しくは無いですが砂地にはアナゴも数多く居ます

つい目が行きますねー目顔だけなら結構愛着のある顔、目をしてます。

この時期のメインは「バショウイカ」アオリイカです。

産卵時期ですね、九十浜でも数多くの卵が産み付けられています、房も大きいのから小さいのまで。

親の姿はあまり見ませんが、卵は確実に増えてます。

海藻はホンダワラに主に産卵しています、水深も3m~6m浅い水深でじっくり観察できます。

同じ海藻にも小魚や小さな甲殻類も同居してますからそれらも観察するのも良いでしょう。

1の根~3の根ではアカエイやトビエイが見られます

もち、ここも水深は10m前後と浅く数は多く見られませんが20cm~30cmと小さい子供が中心。

時たま大きな親クラスも堂々と現れます。

ここ九十浜では暖かくなると海がめも入ってきますので一緒に泳ぐ事もあります。

寝の頭で寝ていることも。浅くとも"の~んびり"出来るビーチです。

思うに深いからダイビングが楽しいのではなく、浅くても十分楽しいのです。

生物も深い水深より浅い水深の方が多いし。たまには浅いところでじっくりもいいものですよ。

| | コメント (0)

久々の更新です、が。。須崎海底清掃

sunしばらく更新をサボりました・・・が・しっかり潜ってます。。

月日   6/13
曜日   土曜日 
ポイント 須崎港/たかんば/
天気   cloudsun
気温   23℃~25℃
水温   19.7℃(最深低16.7℃)~20.0℃
風向   ポイント南西 弱
透視   →10m~15m (湾内5m~7m)
透明    ↓6m~10m (水底~水面まで)
うねり   無し()
波    無し()
流れ   少し()
潮    中潮 http://www.twin.ne.jp/~sakamaki/
撮影・・FUJIFILM・・FINEPIX-F50fd・・12.0MEGA
    INON・ワイドコンバージョンUWL-105AD
台風情報 
http://www.jma.go.jp/jp/typh


さて、今日は毎年恒例の須崎(下田)の海底清掃

多くのダイバーが集まり水中(須崎港内・九十浜)を実施。

毎年ごみの量も少なくなっていくのがわかります、良い事です。

港の中は潮の動きもあまり無いので透視透明は良くはありませんが、湾口は潮の出入りがある為

スーッと視界が開けます。

入ってからはゴミもあまり見ずに移動していましたが最後の最後・シート類やワイヤー・トタンなど少し拾って

回収、ちょっとした達成感ですね^-^;

午後は通常のダイブですが、年1度の開放ポイント「たかんば」に潜ってきました。

水温が低かったですが透視透明は良い感じ、この時期にしては。

エビ穴・・いいポイントです、穴の先で沖にはアーチもありエイ類やテングダイの群れなど地形も面白い。

ポイントとして開いたら良いのにと何時も思います。須崎根が潜れないときなどは代替で良いのに。
今回の海底清掃も盛大に終了しましたが、実際にゴミは少なくなってます、だだ目に付くのは

釣りのゴミがスゴイ水中には切れたテグスがそのままで、疑似餌も着いたまま午後のダイブでも

絡まったらダイバーも大変な事になります、取れるだけ取りましたが、どうにかならないものでしょうかねー

これからも毎年行いますから多くのダイバーに参加してもらいたいデスネー。

年1回といわずに。。。。。

| | コメント (0)

« 2009年2月27日 | トップページ | 2009年6月26日 »